ブログトップ

yukitchen。

yukitchen2.exblog.jp

カテゴリ:スープ( 15 )

ほうれん草のポタージュ

c0155539_5151818.jpg


■材料<6人分>
・ほうれん草・・・2束
・玉ねぎ・・・1個(大)
・じゃがいも・・・3個(小)
・牛乳・・・350cc
・生クリーム・・・50cc
・ブイヨン・・・3カップ(3カップのお湯にブイヨンの素2つを溶いておく)
・バター・・・5g
・生クリーム・・・適量

■作り方
1 玉ねぎは薄切りにしバターで5gで炒める(焦げないように弱火で10~15分)。タマネギを充分に炒めたら、小さく切ったジャガイモを加えてさっと炒めブイヨンを加えジャガイモが柔らかくなるまで煮る。アクを丁寧にとる。

2 ほうれん草はよく洗い熱湯にさっとくぐらせ、水気をよく切って3~4センチ幅に切り(1)に加え混ぜ合わせ1~2分煮る。
火から下ろしミキサーにかけ、裏ごししながら鍋に戻し、牛乳を加えて強めの弱火にかけ、沸騰直前で火をとめ、塩・こしょうで味を調える。

3 あつあつの(2)を器に注いで、生クリームを絵を描くようにスプーンでまわしかけ、出来上がりー。





本当にまろやかで、健康てきな美味しさが
ほうれん草の緑の鮮やかさがテーブルに花を添えてくれます。

おぉーーー、美味~(>  <) と思っている私の目の前で、

母叔父が
『この抹茶のスープは美味しい!!後はほうれん草かなぁ??』って・・・

あまりにも自身満々な発言に、、『抹茶なんて入っていないよ!』と言い出せない私。笑
そんななか母が、
『そぅ見えるでしょ~。でもコレほうれん草だけなのよ本と!抹茶も入ってる感じねー』と。

ママ!!ナイスフォローーー(> _ <)
母の日なのに、主役のあなたに気を使わせちゃって、ソ~リ~
と心の中で思うのでした。笑
[PR]
by yukitchen-24 | 2008-05-13 02:14 | スープ

毬麩と蕨のお吸い物

c0155539_18111552.jpg


■材料<8人分>
毬麩・・・32個
蕨の穂先・・・8個
<ダシ汁>
・ダシ・・・カップ4(昆布とかつおでとったもの)
・酒・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1
・薄口しょうゆ・・・大さじ2
・塩・・・適量

■作り方
1 毬麩はぬるま湯につけ戻しておく。蕨はタンサン入りの湯で1~2分ゆでたものの穂先7~8cmを切り、結ぶ。

2 <ダシ>の材料を鍋に入れ火にかける。沸騰したら味を見て、塩、みりんで味を調える。

3 水気をきった毬麩を各4つ、結んだ蕨の穂先1つをお椀に入れ、温めた(2)のおダシをそっと注いで、出来上がりー。



c0155539_18114322.jpg



毬麩の数を4つずつにしましたが、特に4つでなくちゃいけない!って事はありません。笑
今回は、春だし~ と思い、4つ葉のクローバーになぞって4つずつ

おつゆをはるとアッと言う間に毬麩がプカプカ浮いてしまうけれど、、、それもご愛嬌 
この春、新しぃステキなご縁を沢山結ぶ事が出来ますようにー と蕨もキュッと結んで。

み~~~んなに、ステキな出逢いが沢山あります様に 
[PR]
by yukitchen-24 | 2008-04-08 18:12 | スープ

グリーンアスパラガスの冷製スープ

c0155539_1933897.jpg


■材料
グリーンアスパラガス(斜め薄切り)・・・12本分
ブイヨン・・・200ml (200mlの湯に固形ブイヨン1つを溶かしたもの)
生クリーム・・・150ml
卵・・・6個
EVオリーブオイル・・・少量
岩塩・・・少量
ブラックペッパー・・・少量
塩・ホワイトペッパー・・・適量
オリーブオイル・・・適量

■作り方
1 卵を65~70℃のお湯に30分ほどつけ、湯から取り出し殻つきのまま冷蔵庫で冷やしておく。

2 アスパラガスは穂先のみ塩ゆでにしざるにあけておく。残りの部分はハカマをとって皮つきのまま斜め薄切りにし、軽く塩をふっておく。

3 鍋にオリーブオイルをひき強火にかけ斜め薄切りにしたアスパラガスを炒める。アスパラガスの色が鮮やかになったら、熱したブイヨン、生クリームを加える。

4 アスパラガスに火が通ったら(3)をミキサーにかけ漉す。漉したらすぐに氷水にあてなるべく早くアラ熱をとる(早くアラ熱を取ることにより、鮮やかな緑色に仕上がります。) 
アラ熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、塩、ホワイトペッパーで味を調える。

5 器に(1)の温泉卵を割りいれ、(4)の冷やしておいたスープを注ぎ、挽いたブラックペッパー、岩塩をあしらい、仕上げに(2)で塩湯でして冷ましておいたアスパラガスの穂先部分を添えて、出来上がりー。




c0155539_194114.jpg


スープをすくうと底のほうからとろ~っと温泉卵 みんなのテンションが一気にUP↑↑↑
とろとろの卵が顔を出してビックリ!アスパラガスと卵の味がピッタリ合っててまたまたビックリ!!
簡単に作れてしまうので、ゼヒ!!


そして温泉卵の作り方はバリエーション豊富なようで、ハハ伯母が言うには『レンジで作るならたったの1分ほどで作れるよ。』とのこと。

※レンジで作る場合。
1 コップに水を100cc入れ、その中に卵を割り入れる。
2 1000wのレンジなら、1分くらいピピッ!!はぃ、出来上がり。笑

私はレンジ温泉卵、作ってみた事ないので、近いうち試してみたいと思います!!
レンジ温泉卵も、とっても美味しい本格温泉卵が出来るようです。
でも、あまりレンジで加熱し過ぎると卵が破裂してしまうのでレンジ加熱は1分ほどに!! 

他に・・・
・コーヒーメーカーで作る場合。
コーヒーメーカーでお湯を沸かし、保温状態になったら殻のまま卵をいれ、15~20分置く。

・カップヌードルの容器で作る場合。
キレイに洗ったカップに熱湯を入れて、その中に殻のまま卵を入れて平たいお皿などで蓋をして15分くらい置いて出来上がり。


などなど、、、
人が集まったら、集まった人の数だけ作り方があるものだなぁ~と、ちょっと関心。笑
まとめると、65~70℃の温度を保った状態で、15~30分くらいおくとできるのだと思います。


あとは、自分の好みの温泉卵に仕上がるよう、お湯に浸けておく時間をあれこれ試してみるとイイかも
[PR]
by yukitchen-24 | 2008-02-19 19:04 | スープ

野菜のつるざらスープ

c0155539_17501670.jpg


■材料<4人分>
にんじん・・・1本
カブ・・・2個(小)
パセリ・・・適量(みじん切り)
カッペリーニ・・・150g(米粒状に砕く)
湯・・・1L(ブイヨン1つを溶かしたもの)
塩・ブラックペッパー・・・適量

■作り方
1 にんじん、カブは皮をむいて3mm厚さの輪切り。

2 鍋にブイヨンを溶いた湯をはり(1)の野菜を加え一煮立ちしたら砕いたカッペリーニを加え、カッペリーニに火が通ったら、塩で味を調え器に注いで、ブラックペッパーとパセリをちらして、出来上がりー。


c0155539_17505690.jpg


※セメチコリア・・・米粒状のパスタです。本来はセメチコリアを使うところですが、カッペリーニがあったので、こなごなに砕いてセメチコリア風。笑






c0155539_17511524.jpg
カッペリーニを砕いたので、、、
粒は大小ばらばら。笑

大きさが違うので、火のとおりも違うのでわ??
と、ちょっと心配になりますが、、ほどよくどの粒にも火が通ってくれるので、あまり神経質にならなくてO.K

スープを口に運んだ時の、セメチコリア風カッペリーニ達の、つるつる~ん ざらら~ん とした食感がたまらなく、何度も食べたくなるスープ。

簡単だし!ゼヒ
[PR]
by yukitchen-24 | 2008-02-13 17:48 | スープ

野菜のすまし汁

c0155539_1746422.jpg


■材料<4人分>
だし・・・カップ4

・みりん・・・大さじ1
・しょうゆ(薄口)・・・大さじ2
・酒・・・大さじ3
塩・・・適量
しょうがの絞り汁・・・大さじ1
カブ・・・2個(小)
にんじん・・・1本(小)
ヤーコン・・・1本(小)
ねぎ・・・適量(小口きり)

■作り方
1 カブ、ニンジン、ヤーコンは皮をむき、縦にせん切りにする。ヤーコンのみ10分ほど水に浸けざるにあける。

2 鍋にだし汁、(1)の野菜を入れ強火にかけ、煮立てば火を弱め、カブが透き通るまで煮る。

3 Aを加え味をみて、塩で好みの濃さに味を調える。味が調ったら最後にしょうが汁を回しいれ火を止めて器に盛り、小口きりにしたねぎをちらして、出来上がりー。







サラダにしたり、きんぴらにしたり、色々とお料理してきたヤーコン。
今回は、野菜のすまし汁にしてみました。

『煮る』と言う調理法だと、ちょっとヤーコンの歯ごたえや甘みなどの素晴らしい特徴が半減してしまうような気がしました・・・
せっかくのヤーコン、、ちょっと反省。 (しかも、写真も超ーボケボケ、、、笑)

でも、とっても美味しかったです。
[PR]
by yukitchen-24 | 2008-02-10 17:52 | スープ

ジャン・ジョルジュ

c0155539_17364138.jpg


N.Yのコロンバスサークルに建つトランプタワー内1階にある、Jean Georges(ジャン・ジョルジュ)のカジュアルダイニングNougatine(ヌガティン)。

カリスマと言われるシェフのランチが$20のプリフィックスで頂けるのでとっても得した気分になっちゃいます

今回の母のお誕生日のメニューを考えた時、そぅだ!スープはこの時に出されたような形にしよう!!と思い立ちました。


c0155539_1737117.jpg

ジャン・ジョルジュでは、お皿に、マンゴーのピーュレ、もちっとしたパイ生地、フレッシュバジルだけが入ったお皿が目の前に運ばれ。

後で、銀のポットに入ったトマトのスープを注いでもらうかたちでした。
味もですがそのプレゼンテーションの仕方がとっても気に入ってしまった私。

やっとその、ジャン・ジョルジュの真似をしてみる事に(鯛とカッペリーニのスープ)!!料理の技術はまったく彼に及ばないけれど、、、
母がとっても喜んでくれたので大成功ーって事で


お食事は、味は勿論だけど、香りも、見た目も、そしてやっぱり食べてくれる人が喜んでくれる事が1番かも
[PR]
by yukitchen-24 | 2008-02-04 21:51 | スープ

鯛とカッペリーニのスープ

c0155539_1723514.jpg


■材料<5~6人分>
鯛・・・1匹(約800g)
A
・ミニトマト・・・10個
・セロリの葉・・・10枚
・パセリの茎・・・10本
・にんにく・・・3かけ
カッペリーニ・・・100g(2cm長さに切る)
パセリ・・・適量(みじん切り)
塩・こしょう・EVオリーブオイル・・・適量

■作り方
c0155539_17235055.jpg

1 鯛は3枚におろし身の部分は1口大のそぎ切り。頭、骨などのアラは熱湯でさっとゆで、冷水にとる。Aとともに鍋に入れ水12カップを加え弱火で(液面がふつふつと沸いている状態に火加減を調節しながら)約40分~1時間煮、こし、塩・こしょうで味を調える。

c0155539_17241375.jpg
シノワがない場合は、こんな風にキッチンペーパーや布巾をざるにしき、こすときれいなダシがとれます。







2 カッペリーニはちょっと多めに塩を入れた熱湯で袋の表示通りにゆで、湯を切る。

c0155539_17244063.jpg

3 (2)を器に盛り、鯛の身、パセリも盛り、EVオリーブオイルを適量かけ、食べる直前にあつあつに温めた(1)のスープを注いで、出来上がりー。


※魚の頭や骨のアラは、必ず熱湯でさっとゆでるか、冷水にしばらくさらし血抜きをします。
※魚のダシは、煮込み過ぎるとえぐみがでるので注意!!
※ダシをとるには、鯛やひらめなど白身の魚が適しています。




c0155539_17245366.jpg

お魚の骨からとるダシをフランス語で・・・
FUMET DE POISSON -フュメ・ド・ポワソン-

初めてコノ名前を聞いた時なんとも可愛い響きだなぁ~ と思った事を思い出します。

ちょっと手間はかかるものの、こんなに澄んだキレイで美味しいスープがとれるのなら、ちょっとくらいの手間なんて、なんて事ありません!!

あつあつのスープが、生のまま器に盛った鯛の身にほどよ~く熱を通してくれて、レアーな感じの鯛がまた


既製の素とはまったく違う本物の美味しさ。
[PR]
by yukitchen-24 | 2008-02-04 21:41 | スープ

冬じめ小松菜のクリームスープ

c0155539_1745788.jpg


■材料<4人分>
冬じめ小松菜・・・2束 (普通の小松菜でもO.K)
しめじ・・・2株
たまねぎ・・・1個
小麦粉・・・大さじ3
バター・・・大さじ1
湯・・・3カップ(コンソメの素1個を溶かしたもの)
牛乳・・・2カップ
塩・ホワイトペッパー・・・適量

■作り方
1 小松菜は株の下を切り落とし砂などをよく洗い流す。茎と葉の部分に切り分けそれぞれ5cmくらいの長さに切る。

2 しめじは汚れをとり、ばらばらにしておく。玉ねぎは半分に切って薄切りにし小麦粉をまぶす。

3 鍋にバターを入れとかし(2)の玉ねぎを加え炒める。玉ねぎがしんなりしたら小松菜の茎を入れかるく炒め湯を加える。

4 (3)が煮立ったらひとまぜし、しめじ・小松菜の葉を加え、さっとと混ぜ、牛乳を加え温まったら(沸騰寸前で火からおろす)塩・ホワイトペッパーで味を調えて出来上がりー。



c0155539_17453431.jpg
「冬じめ小松菜
普通の小松菜と違い、葉の部分がちりめんの布のようにシワシワ。
このシワのお陰か、火を通してもあまりくったりならずシャッキリ感が残ります。
それにこのシワにスープがよ~くからまってとても美味しぃ


とはいえ、普通の小松菜で全然O.Kです。
他に、白菜、ほうれん草、ちんげん菜、、etc、、お好みの葉っぱのお野菜なんでもO.K・・・


寒~ぃ冬の夜はクリームシチュウであったか
[PR]
by yukitchen-24 | 2008-01-30 23:33 | スープ

ごぼうのスープ オニオンスティック添え

c0155539_4464543.jpg


■材料<4人分>
ごぼう・・・1本(250g)
たまねぎ・・・1/2個
ベーコン・・・3枚
A
・ チキンスープ・・・1L
・ ごはん・・・100g
・ 塩・・・小さじ1
・ こしょう・・・少々
オニオンスティック・・・4本

■作り方
1 ごぼうは皮をこそいで1cm厚さの輪切りにし水にさらす。たまねぎは薄切り、ベーコンは1cm幅に切る。

2 鍋にベーコンをいれ、弱火で炒めて油を出す。水を切ったごぼう、たまねぎを加え、たまねぎがしんんりするまで炒める。

3 (2)にAを加え、煮立ったら火を弱めて蓋をし、ごぼうが柔らかくなるまで20分ほど煮る。

4 (3)から盛りつけ用にごぼうを少々取り分け、残りはハンドプロセッサーかミキサーにかけてなめらかにする。

5 (4)を鍋に戻し温めて、器に盛ってごぼうを浮かべ、あればオニオンスティックを添えて、出来上がりー。




c0155539_4472327.jpg
すっごく、しっかり・しっかり『ごぼう』の味のスープです。
ご飯でつけたとろみが
オニオンスティックの代わりに、フランスパンやプチパンにチーズをのせてちょっとカリカリ目に焼いて添えてもgood!!
[PR]
by yukitchen-24 | 2007-12-25 04:48 | スープ

white vegetables potage

c0155539_1625288.jpg


■材料・・・(4人分)
カリフラワー・・・1/2個
塩・・・小1 レモン汁・・・大1
ジャガイモ(できれば男爵)・・・1個
玉ネギ・・・1/2個
白ネギ・・・1/2本
<スープ>
固形ブイヨン・・・1個 水・・・400ml
牛乳・・・300ml
生クリーム・・・60ml
バター・・・10g
塩・少々
セルフィーユ・・・少々
クラッカー・・・2枚

■作り方
☆・・・下準備をして段取りよくがPoint!!!・・・☆
・ カリフラワーは小房に分け、塩とレモン汁を入れた熱湯で、白く柔らかくゆでる。
・ ジャガイモは皮をむき、半分に切って5mm厚さに切り、水に放つ。
・ 玉ネギは横薄切りにする。
・ 白ネギは粗いみじん切りにする。

1 鍋に<スープ>の材料、カリフラワー、水切りしたジャガイモ、玉ネギ、白ネギを入れて強火にかける。煮立てばアクをとり、火を弱めて6~7分煮る。

2 牛乳を加え、ミキサー又はハンデ ィプロセッサーなどでペースト状になるまで撹拌する。網を通して鍋に戻し、中火にかけ、煮立つ直前に生クリームを加える。

3 再び煮立つ直前に塩で味を整え、バターを加えてひと混ぜし、つやを出す。器に注ぎ分け、クラッカーを粗く砕いて、セルフィーユをそっとのせる。
(今回はセルフィーユをゲット出来なかったので、、サラダセロリーを代わりに使用。)





面倒臭そうだけど、、、段取り良くやっちゃえば、アッ!!と言う間に、まっ白・まろやか美味しいポタージュの出来上がり・・・

意外と、簡単?? だから、是非!!!!!
[PR]
by yukitchen-24 | 2007-12-04 10:31 | スープ